日本語ページ / 英語ページ / ローカルページ

名前

名古屋工業大学大学院工学研究科特任准教授
博士(工学)大浦圭一郎

所属学会

  • 日本音響学会
  • 情報処理学会

連絡先

  • 住所
    〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町
    名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻徳田・南角研究室
  • TEL/FAX
    052-735-7552/5840
  • メール
    uratec@nitech.ac.jp
    ソフトウェア(又はアルゴリズム)に関する質問はメーリングリスト等をご利用ください.このメールアドレスでは受け付けていないため,返信いたしません.

履歴

  • 職歴
    • 2017年04月 - 現在
      名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻, 特任准教授
    • 2012年04月 - 2017年03月
      科学技術振興機構 CREST, 研究員
    • 2010年04月 - 2017年03月
      名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻, 特任助教
    • 2009年12月 - 2012年03月
      総務省 SCOPE, 研究員
    • 2009年11月 - 現在
      株式会社テクノスピーチ, 代表取締役社長
    • 2008年03月 - 2009年11月
      FP7 EMIME project, 研究員
    • 2007年09月 - 2007年12月
      ATR音声言語コミュニケーション研究所, 有期補助員
  • 学歴
    • 2007年04月 - 2010年03月
      名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻博士後期過程
    • 2005年04月 - 2007年03月
      名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻博士前期過程
    • 2001年04月 - 2005年03月
      名古屋工業大学工学部知能情報システム学科
  • 表彰
  • 2017年1月
    愛知県 若手研究者イノベーション創出奨励事業 わかしゃち奨励賞
  • 2013年11月
    名古屋工業大学 褒賞(JST CREST uDialogueプロジェクトの研究成果普及)
  • 2013年06月
    情報処理学会 喜安記念業績賞
  • 2013年03月
    日本音響学会 独創研究奨励賞板倉記念
  • 2012年03月
    情報処理学会 山下記念研究賞
  • 2011年11月
    名古屋工業大学 褒賞(正門メイちゃん開発・設置・運用)
  • 2011年11月
    名古屋工業大学 褒賞(HMM音声合成システム開発)
  • 2010年02月
    名古屋工業大学 学生表彰 副学長賞
  • 2008年12月
    ISCSLP2008 最優秀学生論文賞

ソフトウェア

メインメンバー

  • HTS
    HMM音声合成システムの基盤ソフトウェアHTSのメイン開発者.
  • hts_engine API
    音声合成エンジンhts_engineのメイン開発者.
  • SPTK
    音声信号処理ツールキットSPTKのメインメンテナー.
  • MMDAgent
    音声インタラクションシステム構築ツールキット「MMDAgent」のプロジェクトメンバー.

サブメンバー

  • Festival
    テキスト音声合成システムFestivalのHMM音声合成モジュール開発担当.

業績

ジャーナル

  1. IEEE (Sep. 01 2017)
    Simultaneous optimization of multiple tree-based factor analyzed HMM for speech synthesis,
    Takenori Yoshimura, Kei Hashimoto, Keiichiro Oura, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda,
    IEEE/ACM Transactions on Audio, Speech and Language Processing, vol. 25, no. 9, pp. 1532-1541, 2017-09.
  2. IEICE (Jun. 01 2015)
    統計モデルに基づいた歌声合成技術の最先端,
    大浦圭一郎,
    電子情報通信学会誌, vol. 98, no. 6, pp. 460-466, 2015-06.
  3. IEICE (Oct. 01 2014)
    隠れマルコフモデルに基づく英語歌声合成,
    中村和寛, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    IEICE, vol. J97-D, no. 11, pp. 1572-1581, 2014-10.
  4. MTAP (Jun. 2014)
    Using Speaker Adaptive Training to Realize Mandarin-Tibetan Cross-Lingual Speech Synthesis,
    Hongwu Yang, Keiichiro Oura, Haiyan Wang, Zhenye Gan, Keiichi Tokuda,
    Multimedia Tools and Applications, 2014-06.
  5. IEEE (May 2013)
    Speech Synthesis Based on Hidden Markov Models,
    Keiichi Tokuda, Yoshihiko Nankaku, Tomoki Toda, Heiga Zen, Junichi Yamagishi, and Keiichiro Oura,
    Proceedings of the IEEE, vol. 101, no. 5, pp. 1234-1252, 2013-05. (招待論文)
  6. CSL (Feb. 2013)
    Personalising speech-to-speech translation: unsupervised cross-lingual speaker adaptation for HMM-based speech synthesis,
    John Dines, Hui Liang, Matthew Gibson, Keiichiro Oura, Junichi Yamagishi, Simon King, Mirjam Wester, Lakshmi Saheer, Teemu Hirsimaki, Reima Karhila, Keiichi Tokuda, William Byrne, and Mikko Kurimo,
    Computer Speech and Language, vol. 27, pp. 420-437, 2013-02.
  7. JSAI 2013 (Jan. 2013)
    キャンパスの公共空間におけるユーザ参加型双方向音声案内デジタルサイネージシステム,
    大浦圭一郎, 山本大介, 内匠逸, 李晃伸, 徳田恵一,
    人工知能学会学会誌, vol. 28, no. 1, pp. 60-67, 2013-01. (招待論文)
  8. SPECOM (Jul. 2012)
    Analysis of unsupervised cross-lingual speaker adaptation for HMM-based speech synthesis using KLD-based transform mapping,
    Keiichiro Oura, Junichi Yamagishi, Mirjam Wester, Simon King, and Keiichi Tokuda,
    Speech Communication, vol. 54, pp. 703-714, 2012-07.
  9. IEEE (Jun. 14 2010)
    Thousands of Voices for HMM-based Speech Synthesis – Analysis and Application of TTS Systems Built on Various ASR Corpora,
    Junichi Yamagishi, Bela Usabaev, Simon King, Oliver Watts, John Dines, Jilei Tian, Yong Guan, Rile Hu, Keiichiro Oura, Yi-Jian Wu, Keiichi Tokuda, Reima Karhila, Mikko Kurimo,
    IEEE Transactions on Audio, Speech, and Language Processing, vol. 18, no. 5, pp. 984-1004, 2010-06.
  10. IEICE (May 01 2010)
    A Covariance-Tying Technique for HMM-based Speech Synthesis,
    Keiichiro Oura, Heiga Zen, Yoshihiko Nankaku, Akinobu Lee, and Keiichi Tokuda,
    IEICE, vol. E93-D, no. 3, pp. 595-601, 2010-03.
  11. IEICE (Nov. 01 2008)
    A Fully Consistent Hidden Semi-Markov Model-Based Speech Recognition System,
    Keiichiro Oura, Heiga Zen, Yoshihiko Nankaku, Akinobu Lee, and Keiichi Tokuda,
    IEICE, vol. E91-D, no. 11, pp. 2693-2700, 2008-11.

国際会議

  1. Blizzard Challenge 2017 in ストックホルム, スウェーデン (Aug. 25, 2017)
    The NITech text-to-speech system for the Blizzard Challenge 2017,
    Kei Sawada, Kei Hashimoto, Keiichiro Oura, and Keiichi Tokuda,
    Proceedings of Blizzard Challenge 2017 Workshop, 2017-08. (web proceedings)
  2. Blizzard Challenge 2016 in カリフォルニア, アメリカ (Sep. 16, 2016)
    The NITech text-to-speech system for the Blizzard Challenge 2016,
    Kei Sawada, Chiaki Asai, Kei Hashimoto, Keiichiro Oura, and Keiichi Tokuda,
    Proceedings of Blizzard Challenge 2016 Workshop, 2016-09. (web proceedings)
  3. SSW9 in カリフォルニア, アメリカ (Sep. 13-15, 2016)
    Temporal modeling in neural network based statistical parametric speech synthesis,
    Keiichi Tokuda, Kei Hashimoto, Keiichiro Oura, and Yoshihiko Nankaku,
    SSW9, pp. 113-118, 2016-09.
  4. Interspeech2016 in カリフォルニア, アメリカ (Sep. 08-12, 2016)
    Redefining the linguistic context feature set for HMM and DNN TTS through position and parsing,
    Rasmus Dall, Kei Hashimoto, Keiichiro Oura, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda,
    Interspeech2016, pp. 2851-2855, 2016-09.
  5. Interspeech2016 in カリフォルニア, アメリカ (Sep. 08-12, 2016)
    Singing voice synthesis based on deep neural networks,
    Masanari Nishimura, Kei Hashimoto, Keiichiro Oura, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda,
    Interspeech2016, pp. 2478-2482, 2016-09.
  6. Interspeech2016 in カリフォルニア, アメリカ (Sep. 08-12, 2016)
    Voice conversion based on trajectory model training of neural networks considering global variance,
    Naoki Hosaka, Kei Hashimoto, Keiichiro Oura, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda,
    Interspeech2016, pp. 307-311, 2016-09.
  7. ICASSP2016 in 上海, 中国 (Mar. 20-25 2016)
    Trajectory training considering global variance for speech synthesis based on neural networks,
    Kei Hashimoto, Keiichiro Oura, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda,
    ICASSP2016, pp. 5600-5604, 2016-03.
  8. Blizzard Challenge 2015 in ベルリン, ドイツ (Sep. 11 2015)
    The NITECH HMM-based text-to-speech system for the Blizzard Challenge 2015,
    Kei Sawada, Kei Hashimoto, Keiichiro Oura, and Keiichi Tokuda,
    Blizzard Challenge 2015, 2015-09.
  9. Interspeech2015 in ドレスデン, ドイツ (Sep. 06-10 2015)
    Simultaneous optimization of multiple tree structures for factor analyzed HMM-based speech synthesis,
    Takenori Yoshimura, Kei Hashimoto, Keiichiro Oura, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda,
    Interspeech2015, pp. 1196-1200, 2015-09.
  10. ICASSP2015 in ブリスベン, オーストラリア (Apr. 19-24 2015)
    The effect of neural networks in statistical parametric speech synthesis,
    Kei Hashimoto, Keiichiro Oura, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda,
    ICASSP2015, pp. 4455-4459, 2015-04.
  11. HAI2014 in 筑波, 日本 (Oct. 28-31, 2014)
    Voice Interaction System with 3D-CG Virtual Agent for Stand-alone Smartphones,
    Daisuke Yamamoto, Keiichiro Oura, Ryota Nishimura, Takahiro Uchiya, AKinobu Lee, Ichi Takumi, and Keiichi Tokuda,
    HAI2014, pp. 320-330, 2014-10.
  12. Blizzard Challenge 2014 in シンガポール (Sep. 19, 2014)
    Overview of NITECH HMM-based text-to-speech system for Blizzard Challenge 2014,
    Kei Sawada, Shinji Takaki, Kei Hashimoto, Keiichiro Oura, and Keiichi Tokuda,
    Blizzard Challenge 2014, 2014-09.
  13. ICASSP2014 in フィレンツェ, イタリア (May 04-09, 2014)
    Integration of speaker and pitch adaptive training for HMM-based singing voice synthesis,
    Kanako Shirota, Kazuhiro Nakamura, Kei Hashimoto, Keiichiro Oura, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda,
    ICASSP2014, pp. 2578-2582, 2014-05.
  14. ICASSP2014 in フィレンツェ, イタリア (May 04-09, 2014)
    HMM-based singing voice synthesis and its application to Japanese and English,
    Kazuhiro Nakamura, Keiichiro Oura, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda,
    ICASSP2014, pp. 265-269, 2014-05.
  15. APSIPA 2013 in 高雄, 台湾 (Oct. 29-Nov. 01 2013)
    Realizing Tibetan Speech Synthesis by Speaker Adaptive Training,
    Hong-wu Yang, Keiichiro Oura, Zhen-ye Gan, and Keiichi Tokuda,
    APSIPA 2013, 2013-10.
  16. Blizzard Challenge 2013 in バルセロナ, スペイン (Sep. 03 2013)
    Overview of NITECH HMM-based speech synthesis system for Blizzard Challenge 2013,
    Shinji Takaki, Kei Sawada, Kei Hashimoto, Keiichiro Oura, and Keiichi Tokuda,
    Blizzard Challenge 2013, 2013-09.
  17. SSW8 in バルセロナ, スペイン (Aug. 31-Sep. 02 2013)
    Cross-lingual speaker adaptation based on factor analysis using bilingual speech data for HMM-based speech synthesis,
    Takenori Yoshimura, Kei Hashimoto, Keiichiro Oura, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda,
    SSW8, pp. 297-302, 2013-08.
  18. SSW8 in バルセロナ, スペイン (Aug. 31-Sep. 02 2013)
    Gesture Control of HMM-Based Singing Voice Synthesis,
    Christophe Veaux, Maria Astrinaki, Keiichiro Oura, Robert A.J Clark, and Junichi Yamagishi,
    SSW8, pp. 247-248, 2013-08.
  19. ICASSP2013 in バンクーバー, カナダ (Mar. 26-31 2013)
    MMDAgent - A fully open-source toolkit for voice interaction systems,
    Akinobu Lee, Keiichiro Oura, and Keiichi Tokuda,
    ICASSP 2013, pp. 8382-8385, 2013-05.
  20. Bllizzard Challenge 2012 in ポートランド, アメリカ (Sep. 14 2012)
    Overview of NITECH HMM-based speech synthesis system for Blizzard Challenge 2012,
    Shinji Takaki, Kei Sawada, Kei Hashimoto, Keiichiro Oura, and Keiichi Tokuda,
    Blizzard Challenge 2012, 2012-09.
  21. ICASSP2012 in 京都, 日本 (Mar. 25-30 2012)
    Pitch adaptive training for HMM-based singing voice synthesis,
    Keiichiro Oura, Ayami Mase, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda,
    ICASSP 2012, pp. 5377-5380, 2012-03.
  22. Blizzard Challenge 2011 in トリノ, イタリア (Sep. 02 2011)
    Overview of NIT HMM-based speech synthesis system for Blizzard Challenge 2011,
    Kei Hashimoto, Shinji Takaki, Keiichiro Oura, and Keiichi Tokuda,
    Blizzard Challenge 2011, 2011-09.
  23. Interspeech2011 in フィレンツェ, イタリア (Aug. 28-31 2011)
    Large-scale Subjective Evaluations of Speech Rate Control Methods for HMM-based Speech Synthesizers,
    Makoto Yamada, Nobuyuki Nishizawa, Tsuneo Kato, Keiichiro Oura, Keiichi Tokuda,
    Interspeech 2011, pp. 1845-1848, 2011-08.
  24. ICASSP2011 in プラハ, チェコ (May 22-27 2011)
    An optimization algorithm of independent mean and variance parameter tying structures for HMM-based speech synthesis,
    Shinji Takaki, Keiichiro Oura, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda,
    ICASSP 2011, pp. 4700-4703, 2011-03.
  25. ICSP2010 in 北京, 中国 (Oct. 25-28 2010)
    Cross-lingual speaker adaptation for HMM-based speech synthesis considering differences between language-dependent average voices,
    Xianglin Peng, Keiichiro Oura, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda,
    ICSP2010, pp.605-608, 2010-10.
  26. Interspeech2010 in 幕張, 日本 (Sep. 26-30 2010)
    HMM-based singing voice synthesis system using pitch-shifted pseudo training data,
    Ayami Mase, Keiichiro Oura, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda,
    Interspeech 2010, pp.845-848, 2010-09.
  27. Blizzard Challenge 2010 in 京都, 日本 (Sep. 25 2010)
    Overview of NIT HMM-based speech synthesis system for Blizzard Challenge 2010,
    Keiichiro Oura, Kei Hashimoto, Sayaka Shiota, and Keiichi Tokuda,
    Blizzard Challenge 2010, 2010-09.
  28. SSW7 in 京都, 日本 (Sep. 22-24 2010)
    Speaker adaptation and the evaluation of speaker similarity in the EMIME speech-to-speech translation project,
    Mirjam Wester, John Dines, Matthew Gibson, Hui Liang, Yi-Jian Wu, Lakshmi Saheer, Simon King, Keiichiro Oura, Philip N. Garner, William Byrne, Yong Guan, Teemu Hirsimaki, Reima Karhila, Mikko Kurimo, Matt Shannon, Sayaka Shiota, Jilei Tian, Keiichi Tokuda, Junichi Yamagishi,
    SSW7, pp.192-197, 2010-09.
  29. SSW7 in 京都, 日本 (Sep. 22-24 2010)
    Recent Development of the HMM-based Singing Voice Synthesis System - Sinsy,
    Keiichiro Oura, Ayami Mase, Tomohiko Yamada, Satoru Muto, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda,
    SSW7, pp.211-216, 2010-09.
  30. ACL 2010 in ウプサラ, スウェーデン (July 13 2010)
    Personalising speech-to-speech translation in the EMIME project,
    Mikko Kurimo, William Byrne, John Dines, Philip N. Garner, Matthew Gibson, Yong Guan, Teemu Hirsimäki, Reima Karhila, Simon King, Hui Liang, Keiichiro Oura, Lakshmi Saheer, Matt Shannon, Sayaka Shiota, Jilei Tian, Keiichi Tokuda, Mirjam Wester, Yi-Jian Wu and Junichi Yamagishi,
    ACL 2010, pp.48-53, 2010-07.
  31. ICASSP2010 in ダラス, アメリカ (May 14-19 2010)
    Unsupervised Cross-lingual Speaker Adaptation for HMM-based Speech Synthesis,
    Keiichiro Oura, Keiichi Tokuda, Junichi Yamagishi, Mirjam Wester, and Simon King,
    ICASSP 2010, vol.I, pp.4594-4597, 2010-03.
  32. APSIPA2009 in 札幌, 日本 (Oct. 04-07 2009)
    Recent development of the HMM-based speech synthesis system (HTS),
    Heiga Zen, Keiichiro Oura, Takashi Nose, Junichi Yamagishi, Shinji Sako, Tomoki Toda, Takashi Masuko, Alan W. Black, and Keiichi Tokuda,
    APSIPA2009, pp.121-130, 2009-10. (招待講演)
  33. Interspeech2009 in ブライトン, イギリス (Sep. 06-10 2009)
    Tying covariance matrices to reduce the footprint of HMM-based speech synthesis systems,
    Keiichiro Oura, Heiga Zen, Yoshihiko Nankaku, Akinobu Lee, and Keiichi Tokuda,
    Interspeech 2009, pp.1759-1762, 2009-09.
  34. Interspeech2009 in ブライトン, イギリス (Sep. 06-10 2009)
    Thousands of Voices for HMM-based Speech Synthesis,
    Junichi Yamagishi, Bela Usabaev, Simon King, Oliver Watts, John Dines, Jilei Tian, Rile Hu, Keiichiro Oura, Keiichi Tokuda, Reima Karhila, and Mikko Kurimo,
    Interspeech 2009, pp.420-423, 2009-09.
  35. Blizzard Challenge 2009 in エジンバラ, イギリス (Sep. 04 2009)
    Overview of NIT HMM-based speech synthesis system for Blizzard Challenge 2009,
    Keiichiro Oura, Yi-Jian Wu, and Keiichi Tokuda,
    Blizzard Challenge 2009, 2009-09.
  36. ISCSLP2008 in 昆明, 中国 (Dec. 16-19 2008)
    Simultaneous Acoustic, Prosodic, and Phrasing Model Training for TTS Conversion Systems,
    Keiichiro Oura, Yoshihiko Nankaku, Tomoki Toda, Keiichi Tokuda, Rannierry Maia, Shinsuke Sakai, and Satoshi Nakamura,
    ISCSLP2008, SPE1.1, pp.1-4, 2008-12. (ISCSLP2008最優秀学生論文賞)
  37. ICASSP2006 in ツールーズ, フランス (May 14-19 2006)
    Hidden Semi-Markov Model Based Speech Recognition System Using Weighted Finite-State Transducer,
    Keiichiro Oura, Heiga Zen, Yoshihiko Nankaku, Akinobu Lee, Keiichi Tokuda,
    ICASSP 2006, vol.I, pp.33-36, 2006-05.

研究会,シンポジウム

  1. SP2016 in 東京, 日本 (Jan. 21 2017)
    DNN音声合成における音響特徴量系列とその時間構造の同時モデル化,
    橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    Technical Report of IEICE, vol.116, no.414, SP2016-76, pp.71-76, 2017-01.
  2. SP2016 in 東京, 日本 (Jan. 21 2017)
    オーディオブックを用いた表現豊かな音声合成のための言語特徴量の検討,
    浅井千明, 沢田慶, 橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    Technical Report of IEICE, vol.116, no.414, SP2016-70, pp.35-40, 2017-01.
  3. SP2015 in 名古屋, 日本 (Dec. 03 2015)
    発音情報が未知の言語におけるテキスト音声合成システム構築法の評価,
    沢田慶, 橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    信学技報, vol. 115, no. 346, SP2015-80, pp. 93-98, 2015-12.
  4. SIGMUS2015 in 山梨, 日本 (Mar. 02-03 2015)
    HMM歌声合成における音声データの誤りに頑健なモデル化手法の検討,
    虫鹿弘二, 中村和寛, 橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    Technical Report of IPSJ, vol. 2015-MUS-106, no. 13, pp. 1-6, 2015-03.
  5. SIGMUS2013 in 東京, 日本 (May 11-12 2013)
    Sinsy〜隠れマルコフモデルに基づく歌声合成の現状と今後〜,
    大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    Technical Report of IPSJ, 2013-MUS-99, no. 52, pp. 1-3, 2013-05.
  6. インタラクション 2013 in 東京, 日本 (Feb. 28-Mar. 02 2013)
    スマートフォン単体で動作する音声対話3Dエージェント「スマートメイちゃん」の開発,
    山本大介, 大浦圭一郎, 西村良太, 打矢隆弘, 内匠逸, 李晃伸, 徳田恵一,
    インタラクション2013, 2013-02.
  7. ASJ-H 2012 in 神奈川, 日本 (Jun. 14-15 2012)
    個人性を考慮した異言語音声合成に対する知覚評価,
    津崎実, 徳田恵一, 河井恒, 志賀芳則, 倪晋富, 大浦圭一郎, 塩田さやか,
    Technical Report of IEICE, vol.2012-SP-39, no.81, pp.33-38, 2012-06.
  8. SIGMUS2012 in 浜松, 日本 (Feb. 03-04 2012)
    HMM歌声合成における音高正規化学習の検討,
    大浦圭一郎, 間瀬絢美, 南角吉彦, 徳田恵一,
    Technical Report of IPSJ, 2012-MUS-94, no. 15, pp. 1-6, 2012-02.
  9. SIGMUS2012 in 浜松, 日本 (Feb. 03-04 2012)
    ラップスタイル歌声合成の検討,
    才野慶二郎, 大浦圭一郎, 橘誠, 剣持秀紀, 徳田恵一,
    Technical Report of IPSJ, vol. 2012-MUS-94, no. 7, pp. 1-6, 2012-02.
  10. SIGMUS2012 in 浜松, 日本 (Feb. 03-04 2012)
    自動学習により人間のように歌う音声合成システム-Sinsy-,
    徳田恵一, 大浦圭一郎,
    Technical Report of IPSJ, vol. 2012-MUS-94, no. 1, pp. 1-6, 2012-02. (招待講演)
  11. SLP2011 in 東京, 日本 (Dec. 19-20 2011)
    魅力ある音声インタラクションシステムを構築するためのオープンソースツールキット MMDAgent,
    李晃伸, 大浦圭一郎, 徳田恵一,
    Technical Report of IEICE, vol.2011-SLP-89, no.27, pp.1-6, 2011-12. (招待講演)
  12. SIGMUS2010 in 筑波, 日本 (Jul. 28 2010)
    Sinsy: 「あの人に歌ってほしい」をかなえるHMM歌声合成システム,
    大浦圭一郎, 間瀬絢美, 山田知彦, 徳田恵一, 後藤真孝,
    Technical Report of IPSJ, vol.2010-MUS-86, no.1, pp.1-8, 2010-07. (情報処理学会山下記念研究賞)
  13. SLP2009 in 東京, 日本 (Dec. 21-22 2009)
    Unsupervised Speaker Adaptation for Speech-to-Speech Translation System,
    Keiichiro Oura, Junichi Yamagishi, Mirjam Wester, Simon King, and Keiichi Tokuda,
    Technical Report of IEICE, vol.2009-SLP-79, no.3, pp.1-6, 2009-12.
  14. SLP2008 in 東京, 日本 (Dec. 09-10 2008)
    HMM音声合成における共分散パラメータの共有に関する検討,
    大浦圭一郎, 全炳河, 南角吉彦, 李晃伸, 徳田恵一,
    Technical Report of IEICE, vol.2008-SLP-74, no.123, pp.215-220, 2008-12.
  15. SLP2007 in 京都, 日本 (Dec. 20-21 2007)
    Recent developments of the HMM-based speech synthesis system (HTS),
    Heiga Zen, Keiichiro Oura, Takashi Nose, Junichi Yamagishi, Shinji Sako, Tomoki Toda, Takashi Masuko, Alan W. Black, Keiichi Tokuda,
    Technical Report of IEICE, vol.2007-SLP-69, no.129, pp.301-306, 2007-12.

全国大会,大会

  1. 日本音響学会 春季報告会 in 川崎, 日本 (Mar. 15-17 2017)
    DNN-GMMハイブリッドモデルに基づく声質変換の検討,
    市川裕詞, 橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会2017年春季研究発表会, pp. 233-234, 2017-03. (日本音響学会学生優秀発表賞,受賞者:市川)
  2. 日本音響学会 春季報告会 in 川崎, 日本 (Mar. 15-17 2017)
    ニューラルネットワークに基づく音声合成における音響特徴量抽出条件の検討,
    村瀬栞, 橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会2017年春季研究発表会, pp. 263-264, 2017-03.
  3. 日本音響学会 春季報告会 in 横浜, 日本 (Mar. 09-11 2016)
    条件付確率場に基づく音声の基本周波数推定の検討,
    鈴木達也, 橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会春期講論集, vol. I, 3-2-7, pp. 279-280, 2016-03.
  4. 日本音響学会 春季報告会 in 横浜, 日本 (Mar. 09-11 2016)
    ニューラルネットワークに基づく声質変換における系列内変動を考慮したトラジェクトリ学習,
    保坂尚紀, 橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会春期講論集, vol. I, 2-2-4, pp. 239-240, 2016-03.
  5. 日本音響学会 春季報告会 in 横浜, 日本 (Mar. 09-11 2016)
    クラウドソーシングによる音声収集のための収録ソフトウェアの設計,
    吉村建慶, 橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会春期講論集, vol. I, 1-R-29, pp. 307-308, 2016-03.
  6. 日本音響学会 春季報告会 in 横浜, 日本 (Mar. 09-11 2016)
    統計的パラメトリック音声合成のためのオーディオブックを用いた学習コーパス自動構築,
    沢田慶, 伊神和輝, 浅井千明, 佐藤雄介, 橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会春期講論集, vol. I, 1-2-5, pp. 219-220, 2016-03.
  7. 日本音響学会 春季報告会 in 横浜, 日本 (Mar. 09-11 2016)
    Deep Neural Networkに基づく歌声合成の検討,
    西村方成, 橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会春期講論集, vol. I, 1-2-2, pp. 213-214, 2016-03.
  8. 日本音響学会 春季報告会 in 横浜, 日本 (Mar. 09-11 2016)
    楽譜情報に基づく事前分布を用いたHMM歌声合成の検討,
    大浦圭一郎, 橋本佳, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会春期講論集, vol. I, 2-2-7, pp. 213-214, 2016-03.
  9. 日本音響学会 秋期報告会 in 福島, 日本 (Sep. 16-18 2015)
    ニューラルネットワークに基づく音声合成における系列内変動を考慮したトラジェクトリモデル学習,
    橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会秋季講論集, vol. I, 3-1-4, pp. 237-238, 福島, 日本, 2015-09.
  10. 日本音響学会 秋期報告会 in 福島, 日本 (Sep. 16-18 2015)
    音声の高帯域成分復元を考慮したメルケプストラム分析に基づくHMM音声合成の検討,
    中村和寛, 橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田 恵一,
    日本音響学会秋季講論集, vol. I, 3-1-2, pp. 233-234, 福島, 日本, 2015-09.
  11. 日本音響学会 秋期報告会 in 福島, 日本 (Sep. 16-18 2015)
    発音情報が未知の言語におけるテキスト音声合成システム構築法の検討,
    沢田慶, 橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田 恵一,
    日本音響学会秋季講論集, vol. I, 3-1-1, pp. 231-232, 福島, 日本, 2015-09.
  12. 日本音響学会 秋期報告会 in 福島, 日本 (Sep. 16-18 2015)
    複数の音響特徴量を用いた対数線形モデルに基づく話者認識の検討,
    橋本聖矢, 橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会秋季講論集, vol. I, 1-2-10, pp. 25-26, 福島, 日本, 2015-09.
  13. 日本音響学会 秋期報告会 in 札幌, 日本 (Sep. 03-05 2014)
    ニューラルネットワークに基づく音声合成における生成モデルの利用の検討,
    橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会秋期講論集, vol. I, 2-7-7, pp.245-246, 2014-09. (日本音響学会粟屋潔学術奨励賞,受賞者:橋本)
  14. 日本音響学会 秋期報告会 in 札幌, 日本 (Sep. 03-05 2014)
    H/L型アクセント推定と音響モデルを統合したHMM音声合成の検討,
    神谷翔大, 橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会秋期講論集, vol. I, 2-7-3, pp.237-238, 2014-09. (日本音響学会学生優秀発表賞,受賞者:神谷)
  15. 日本音響学会 春期報告会 in 東京, 日本 (Mar. 10-12 2014)
    状態レベルのコンテキストを用いたHMM音声合成の検討,
    大浦圭一郎, 橋本佳, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会春期講論集, vol. I, 3-6-10, pp.341-342, 2014-03.
  16. 日本音響学会 春期報告会 in 東京, 日本 (Mar. 10-12 2014)
    低周波数標本化音声データの高帯域成分復元を考慮したメルケプストラム分析の検討,
    中村和寛, 橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会春期講論集, vol. I, 3-6-9, pp.339-340, 2014-03. (日本音響学会学生優秀発表賞,受賞者:中村)
  17. 日本音響学会 春期報告会 in 東京, 日本 (Mar. 10-12 2014)
    HMM音声合成におけるLSPに関連した特徴量表現の検討,
    有竹貴士, 中村和寛, 橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会春期講論集, vol. I, 3-6-8, pp.337-338, 2014-03.
  18. 日本音響学会 春期報告会 in 東京, 日本 (Mar. 10-12 2014)
    HMM歌声合成における音声データの誤りに頑健なモデル学習手法の検討,
    虫鹿弘二, 中村和寛, 橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会春期講論集, vol. I, 3-6-7, pp.335-336, 2014-03.
  19. 日本音響学会 春期報告会 in 東京, 日本 (Mar. 10-12 2014)
    表現語空間を用いた連結固有声法に基づくクロスリンガル話者適応の検討,
    佐藤雄介, 中村和寛, 橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会春期講論集, vol. I, 3-6-2, pp.325-326, 2014-03.
  20. 日本音響学会 秋期報告会 in 豊橋, 日本 (Sep. 25-27 2013)
    HMMに基づく英語歌声合成の検討,
    中村和寛, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会秋期講論集, vol. I, 2-7-7, pp.299-300, 2013-09.
  21. 日本音響学会 秋期報告会 in 豊橋, 日本 (Sep. 25-27 2013)
    ユーザ生成型音声対話コンテンツに向けた有限状態トランスデューサに基づく簡潔な対話記述法の検討,
    船谷内泰斗, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 李晃伸, 徳田恵一,
    日本音響学会秋期講論集, vol. I, 2-P-28, pp.223-224, 2013-09.
  22. 電気関係学会東海支部連合大会 in 浜松, 日本 (Sep 24-25 2013)
    スマートフォンのためのスタンドアローン型モバイル音声対話エージェントの取り組み,
    山本大介, 大浦圭一郎, 西村良太, 打矢隆弘, 内匠逸, 李晃伸, 徳田恵一,
    電気関係学会東海支部連合大会講論集, ROMBUNNO.S1-4, 2013-09. (招待講演)
  23. 電気関係学会東海支部連合大会 in 浜松, 日本 (Sep 24-25 2013)
    映像音声ストリーミング技術を用いた音声対話エージェントの開発と実証実験,
    打矢隆弘, 山本大介, 西村良太, 内匠逸, 大浦圭一郎, 李晃伸, 徳田恵一,
    電気関係学会東海支部連合大会講論集, ROMBUNNO.S1-3, 2013-09. (招待講演)
  24. 電気関係学会東海支部連合大会 in 浜松, 日本 (Sep 24-25 2013)
    音声インタラクションシステム構築のためのオープンソースツールキットMMDAgent,
    李晃伸, 大浦圭一郎, 徳田恵一,
    電気関係学会東海支部連合大会講論集, ROMBUNNO.S1-2, 2013-09. (招待講演)
  25. 日本音響学会 春期報告会 in 東京, 日本 (Mar. 13-15 2013)
    音高正規化学習を用いたHMM歌声合成における調子外れの補正,
    喜多村翔斗, 中村和寛, 橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会春期講論集, vol. I, 2-7-10, pp.337-338, 2013-03.
  26. 日本音響学会 春期報告会 in 東京, 日本 (Mar. 13-15 2013)
    HMM音声合成のためのバイリンガルデータを用いた因子分析に基づくクロスリンガル話者適応,
    吉村建慶, 橋本佳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会春期講論集, vol. I, 1-7-3, pp.267-268, 2013-03.
  27. 日本音響学会 春期報告会 in 東京, 日本 (Mar. 13-15 2013)
    HMM歌声合成における歌唱者適応学習の検討,
    城田佳菜子, 中村和寛, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会春期講論集, vol. I, 2-7-11, pp.339-340, 2013-03.
  28. 日本音響学会 春期報告会 in 東京, 日本 (Mar. 13-15 2013)
    ユーザ参加型双方向音声案内デジタルサイネージシステムの開発・設置・運用事例,
    徳田恵一, 大浦圭一郎, 李晃伸, 山本大介, 打矢隆弘, 内匠逸,
    日本音響学会春期講論集, vol. I, 1-9-12, pp.119-122, 2013-03. (招待講演)
  29. 日本音響学会 秋季報告会 in 長野, 日本 (Sep. 19-21 2012)
    HMM歌声合成における状態数可変のモデル構造の検討,
    大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会秋季講論集, vol.I, 2-2-2, pp.275-276, 2012-09.
  30. 大学ICT推進協議会 in 福岡, 日本 (Dec. 07-09 2011)
    双方向音声案内デジタルサイネージのための学内イベント登録システム,
    山本大介, 大浦 圭一郎, 李晃伸, 打矢隆弘, 内匠逸, 徳田恵一, 松尾 啓志,
    2011-12.
  31. 日本音響学会 秋季報告会 in 島根, 日本 (Sep. 20-22 2011)
    音高正規化学習を用いた HMM 歌声合成の検討,
    間瀬絢美, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会秋季講論集, vol.I, 1-8-20, pp.283-284, 2011-09. (日本音響学会学生優秀発表賞,受賞者:間瀬)
  32. 日本音響学会 秋季報告会 in 大阪, 日本 (Sep. 14-16 2010)
    遅い話速の音響モデルを用いた話速制御合成音声の主観評価,
    山田誠, 西澤信行, 加藤恒夫, 大浦圭一郎, 徳田恵一,
    日本音響学会秋季講論集, vol.I, 2-Q-8, pp.315-316, 2010-09.
  33. 日本音響学会 秋季報告会 in 大阪, 日本 (Sep. 14-16 2010)
    HMM音声合成における平均・分散パラメータ共有に関する検討,
    高木信二, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会秋季講論集, vol.I, 2-1-8, pp.241-242, 2010-09.
  34. 日本音響学会 春季報告会 in 東京, 日本 (May 08-10 2010)
    言語依存平均声の差異を考慮したクロスリンガル話者適応,
    彭湘琳, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会春季講論集, vol.I, 1-7-21, pp.325-326, 2010-03.
  35. 日本音響学会 春季報告会 in 東京, 日本 (May 08-10 2010)
    HMM音声合成における話速制御手法の評価,
    山田誠, 西澤信行, 加藤恒夫, 大浦圭一郎, 徳田恵一,
    日本音響学会春季講論集, vol.I, 1-P-2, pp.405-406, 2010-03.
  36. 日本音響学会 春季報告会 in 東京, 日本 (May 08-10 2010)
    日本語テキスト音声合成システムOpen JTalk,
    大浦圭一郎, 酒向慎司, 徳田恵一,
    日本音響学会春季講論集, vol.I, 2-7-6, pp.343-344, 2010-03.
  37. 日本音響学会 春季報告会 in 東京, 日本 (May 08-10 2010)
    音高シフトによる疑似学習データを用いたHMM 歌声合成の高精度化,
    間瀬絢美, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会春季講論集, vol.I, 2-7-7, pp.345-346, 2010-03.
  38. 日本音響学会 春季報告会 in 東京, 日本 (May 08-10 2010)
    HMM歌声合成における話者適応および楽譜情報を用いたモデル学習高速化,
    武藤聡, 大浦圭一郎, 南角吉彦, 徳田恵一,
    日本音響学会春季講論集, vol.I, 2-7-8, pp.347-348, 2010-03.
  39. 日本音響学会 秋季報告会 in 郡山, 日本 (Sep. 15-17 2009)
    Unsupervised English-to-Japanese speaker adaptation for HMM-based speech synthesis,
    Keiichiro Oura, Junichi Yamagishi, Simon King, Mirjam Wester, and Keiichi Tokuda,
    ASJ2009 autumn, vol.I, 3-P-18, pp.401-402, 2009-09.
  40. 日本音響学会 秋季報告会 in 博多, 日本 (Sep. 10-12 2008)
    HMM音声合成における分散パラメータの共有に関する検討,
    大浦圭一郎, 全炳河, 南角吉彦, 李晃伸, 徳田恵一,
    日本音響学会秋季講論集, vol.I, 2-P-29, pp.421-422, 2008-09.
  41. 日本音響学会 春季報告会 in 千葉,日本 (Mar. 17-19 2008)
    英語音声合成における韻律推定モデルと音響モデルの同時学習,
    大浦圭一郎, 南角吉彦, 戸田智基, 徳田恵一, マイアハニエリ, 坂井信輔, 中村哲,
    日本音響学会春季講論集, vol.I, 2-11-1, pp.335-336, 2008-03.
  42. 日本音響学会 秋季報告会 in 甲府, 日本 (Sep. 19-21 2007)
    Mel-LSPを用いたHMM音声合成におけるポストフィルタリングの検討,
    大浦圭一郎, 全炳河, 南角吉彦, 李晃伸, 徳田恵一,
    日本音響学会秋季講論集, vol.I, 3-4-9, pp.367-368, 2007-09.
  43. 日本音響学会 秋季報告会 in 仙台, 日本 (Sep. 27-29 2005)
    WFSTを用いたHSMM音声認識,
    大浦圭一郎, 南角吉彦, 李晃伸, 徳田恵一,
    日本音響学会秋季講論集, vol.I, 2-7-15, pp.87-88, 2005-09.

解説,著書

  1. Human harmonized information technology Volume2 (May 01 2017)
    Keiichi Tokuda, Akinobu Lee, Yoshihiko Nankaku, Keiichiro Oura, Kei Hashimoto, Daisuke Yamamoto, Ichi Takumi, Takahiro Uchiya, Shuhei Tsutsumi, Steve Renals, and Junichi Yamagishi(分担執筆),
    Computer Science keyword, Springer press, pp. 77-114, 2017-05.
  2. 音響キーワードブック (Mar. 22 2016)
    HMM音声合成,
    大浦圭一郎(分担執筆),
    音響キーワードブック, コロナ社, II-26, 2016-03.
  3. 情報処理学会誌 (Jul. 15 2013)
    2012年度喜安記念業績賞紹介:次世代音声合成方式の研究開発とオープンソース戦略による社会貢献,
    徳田恵一, 戸田智基, 全炳河, 山岸順一, 大浦圭一郎,
    情報処理学会誌, vol. 54, no. 8, pp.831, 2013-07. (情報処理学会喜安記念業績賞)
  4. DTMマガジン (Apr. 08 2010)
    声質・歌い方を自動で学習・再現できる新しい歌声合成システム〜Sinsy〜,
    徳田恵一,大浦圭一郎,
    DTMマガジン, vol.2010-05, pp.96-97, 2010-04.
  5. ヒューマンインターフェース学会誌 (Feb. 01 2010)
    HTSを用いた音声合成システムの構築,
    大浦圭一郎, 全炳河, 酒向慎司, 徳田恵一,
    ヒューマンインターフェース学会誌, vol.12, No.1, pp.35-40, 2010-02.

トーク

  1. 音響学会東海支部40周年記念行事 in 豊橋, 日本 (Sep. 24 2013)
    あの人の歌声を再現する歌声合成技術,
    徳田恵一, 大浦圭一郎, 中村和寛, 酒向慎司,
    音響学会東海支部40周年記念行事, 2013-09.
  2. Open Source Initiatives for Speech Synthesis in 京都, 日本 (Sep. 24 2010)
    Recent development of the HMM-based speech synthesis system (HTS),
    Keiichiro Oura, Kei Hashimoto, Heiga Zen, Takashi Nose, Junichi Yamagishi, Shinji Sako, Tomoki Toda, Alan W. Black, Keiichi Tokuda,
    Open Source Initiatives for Speech Synthesis, 2010-09.
  3. The first HTS meeting in ブライトン, イギリス (Sep. 06 2009)
    Recent development of the HMM-based speech synthesis system (HTS),
    HeigaZen, Keiichiro Oura, Takashi Nose, Junichi Yamagishi, Shinji Sako, Tomoki Toda, Takashi Masuko, Alan W. Black, Keiichi Tokuda,
    The first HTS meeting, 2009-09.

博士論文,修士論文,卒業論文

  1. 博士論文 (Feb. 23 2010)
    ACOUSTIC MODELING FOR HMM-BASED SPEECH RECOGNITION AND SYNTHESIS,
    Keiichiro Oura, Keiichi Tokuda,
    博士論文 (名古屋工業大学), 2010-02.
  2. 修士論文 (Feb. 08 2007)
    WFSTを用いたHSMM音声認識,
    大浦圭一郎, 南角吉彦, 李晃伸, 徳田恵一,
    修士論文 (名古屋工業大学), 2007-02.
  3. 卒業論文 (Feb. 15 2005)
    WFSTに基づいたCVD-HSMMによる音声認識,
    大浦圭一郎, 徳田恵一, 北村正,
    卒業論文 (名古屋工業大学), 2007-02.

報道(本人および開発ソフトウェアに関するもの)

TV,ラジオ

  1. 夢の扉+ (Oct. 18 2015)
    TBS, 2015-10.
  2. ほっとイブニング (Aug. 28 2015)
    NHK, 2015-08.
  3. NEWSアンサー (Oct. 24 2014)
    テレビ愛知, 2014-10.
  4. ハートネットTV (Sep. 18 2014)
    NHK, 2014-09.
  5. イッポウ (Jul. 29 2014)
    CBC, 2014-07.
  6. スーパーニュース (Mar. 12 2014)
    アンカー よみがえる!自分の声が 「ボイスバンク」プロジェクト,
    関西テレビ, 2014-03.
  7. 東海NEWS (Feb. 22 2014)
    NHK東海, 2014-02.
  8. STARTS! (Dec. 01 2013)
    ZIP-FM, 2013-12.
  9. ニュースJAPAN (Nov. 13 2013)
    Nの衝撃「音声合成技術の医療応用」,
    フジテレビ, 2013-11.
  10. イッポウ (Nov. 01 2013)
    CBCテレビ, 2013-11.
  11. ニュースJAPAN (May 20 2013)
    Nの衝撃「音声合成技術」,
    フジテレビ, 2013-05.
  12. UP! (Jul. 30 2012)
    ここまで来た!音声“再生”の最前線,
    名古屋テレビ, 2012-07.
  13. モーニングバード (Jul. 02 2012)
    テレビ朝日, 2012-07.
  14. Science View (Mar. 11 2012)
    Singing Synthesizers: The Technology Behind a Digital Popstar,
    NHK World TV, 2012-03.
  15. クローズアップ現代 (Feb. 28 2012)
    NHK総合, 2012-02.
  16. 大!天才てれびくん (Feb. 22 2012)
    大天才テレビジョン放送技術研究所,
    NHK教育テレビ, 2012-02.
  17. スーパーニュース (Apr. 06 2011)
    東海テレビ, 2011-04.
  18. イッポウ (Apr. 06 2011)
    CBCテレビ, 2011-04.
  19. 名工大ラジオ (Feb. 24 2011)
    ユーザーが参加する余地を与えることで日々進化する音声インタラクションシステム構築ツールキット「MMDAgent」の研究紹介:徳田恵一教授・李晃伸准教授・大浦圭一郎特任助教,
    名工大ラジオ, 2011-02.
  20. 名工大ラジオ (Feb. 23 2011)
    ひとりひとりの話者の特徴を活かすことでより自然な音声の再現を目指す歌声合成システムの研究紹介:大浦圭一郎特任助教,
    名工大ラジオ, 2011-02.
  21. サイエンスZERO (Feb. 05 2011)
    ヒット連発!!あのボーカルソフトの秘密,
    NHK教育テレビ, 2011-02.
  22. スーパーモーニング (Oct. 05 2010)
    テレビ朝日, 2010-10.
  23. とくダネ! (Oct. 05 2010)
    フジテレビ, 2010-10.
  24. TCC World (Apr. 15 2010)
    東海ケーブルチャンネル, 2010-04.
  25. 渋マガZ (Feb. 14 2010)
    NHKラジオ第一放送, 2010-02.
  26. Z-TIME BIZ (May 05 2008)
    ZIP-FM, 2008-05.

新聞,雑誌

  1. 日刊工業新聞 (Jan. 28 2016)
    声を売買「ボイスバンク」,
    日刊工業新聞, 39面, 2016-01.
  2. AREA (Jan. 04 2016)
    夢をかなえる技術100,
    AERA, 2016年1月11日号 12面, 2016-01.
  3. 中日新聞 (Nov. 24 2015)
    チーム愛忘れない,
    中日新聞, 朝刊 26面, 2015-11.
  4. 中部経済新聞 (Nov. 24 2015)
    人間のように歌い話す機械の実現,
    中部経済新聞, 2面, 2015-11.
  5. 中部経済新聞 (Nov. 16 2015) 失った自分の声を再現,
    中部経済新聞, 13面, 2015-11.
  6. 朝日新聞 (Oct. 30 2015)
    広がる理・工学の世界~中部のリーディング大学 理・工学リーダーが語る ものづくりの神髄~,
    朝日新聞, 朝刊 32面, 2015-10.
  7. 読売新聞 (Jun. 25 2015)
    失った声を取り戻す,
    読売新聞, 夕刊 9面, 2015-06.
  8. 日経産業新聞 (Jun. 23 2015)
    本人そっくりの声を合成、国立情報学研究所准教授山岸順一氏 - 数式用いて自然な音に(日本のイノベーター),
    日経産業新聞, 8面, 2015-06.
  9. 日本経済新聞 (May 24 2015)
    新書『おしゃべりなコンピュータ』山岸順一ほか著,
    日本経済新聞, 朝刊 22面, 2015-05.
  10. 中日新聞 (May 01 2015)
    だし丸くん 声で案内,
    中日新聞, 知多版 朝刊 18面, 2015-05.
  11. 文教速報 (Apr. 24 2015)
    情報研「おしゃべりなコンピュータ」を刊行,
    文教速報, 第8137号, 2015-04.
  12. 文教速報 (Apr. 15 2015)
    最新刊『おしゃべりなコンピュータ』,
    文教速報, 第8133号, 2015-04.
  13. 日刊工業新聞 (Apr. 08 2015)
    奈良先端大など、コミュニケーションを円滑にする訓練システム開発?認知療法を自動化,
    日刊工業新聞, 2015-04.
  14. 日本経済新聞 (Mar. 27 2015)
    ロボの声に喜怒哀楽 電子看板・スマホ 用途多彩,
    日本経済新聞, 朝刊 43面, 2015-03.
  15. 中日新聞 (Feb. 18 2015)
    「メイちゃん」が庁舎案内,
    中日新聞, 朝刊 21面, 2015-02.
  16. 日刊工業新聞 (Feb. 12 2015)
    本人似の音声 数分で合成 スマホ向けアプリ作製,
    日刊工業新聞, 17面, 2015-02.
  17. 日刊工業新聞 (Feb. 03 2015)
    感情豊かな音声 簡単に合成,
    日刊工業新聞, 21面, 2015-02.
  18. 日本経済新聞 (Feb. 27 2015)
    自分の声 永久保存,
    日本経済新聞, 夕刊 1面, 2015-02.
  19. 日経ヴェリタス (Nov. 02 2014)
    開かれた大学、ノーベル賞を量産,
    日経ヴェリタス, 347号, 2014-02.
  20. NII Today (Aug. 27 2014)
    音声の合成と認識?声をつくる、声を聞く?,
    NII Today, 第65号, 2014-08.
  21. 読売新聞 (Jul. 28 2014)
    あなたの「声」ください,
    読売新聞, 朝刊 28面, 2014-07.
  22. 中日新聞 (Jul. 27 2014)
    声のドナー募集もう一声,
    中日新聞, 朝刊 31面, 2014-07.
  23. 会誌「ごきそ」 (May 01 2014)
    半田で「メイちゃん」が観光案内,
    会誌「ごきそ」, 2014 5-6月号 24ページ, 2014-05.
  24. 朝日新聞 (Apr. 24 2014)
    機械の声、より人間らしく,
    朝日新聞, 朝刊 26面, 2014-04.
  25. 朝日新聞 (Apr. 18 2014)
    ボイスバンク、幅広い参加を,
    朝日新聞, 朝刊 12面, 2014-04.
  26. 民間放送 (Apr. 13 2014)
    音声合成ソフトのキャラクターがDJ,
    民間放送 3面, 2014-04.
  27. 朝日新聞 (Apr. 05 2014)
    失った声 みんなで再現,
    朝日新聞 朝刊 25面, 2014-04.
  28. 中日新聞 (Mar. 28 2014)
    若者呼び込み 秘策あり 合成音声のDJ/スマホアプリ連動,
    中日新聞 夕刊 9面, 2014-03.
  29. 中日新聞 (Feb. 27 2014)
    メイちゃん半田を案内〜名工大の音声システム、学外に初設置〜,
    中日新聞知多版 朝刊 22面, 2014-02.
  30. 東京新聞 (Nov. 25 2013)
    人間が話すみたいでしょ,
    東京新聞 4面, 2013-11.
  31. 中日新聞 (Nov. 18 2013)
    人の声?いいえ合成,
    中日新聞 1面, 2013-11.
  32. 日本経済新聞 (Oct. 29 2013)
    カラオケ、人工音声がサポート エクシングが機器に搭載,
    日本経済新聞 37面, 2013-10.
  33. 名古屋工業大学新聞 (Oct. 9 2013)
    徳田教授ら 喜安記念業績賞を受賞,
    名古屋工業大学新聞, vol. xx, 2013-10.
  34. 名古屋工業大学新聞 (Jun. 4 2013)
    大浦圭一郎特任助教 独創研究奨励賞板倉記念 受賞,
    名古屋工業大学新聞, vol. 42, 2013-06.
  35. 螢雪時代 (Oct. 13 2012)
    大学案内のためのスマートフォン向け音声対話サービス"モバイルメイちゃん,"
    螢雪時代 11月号, 2012-10.
  36. 読売新聞 (Oct. 01 2012)
    双方向音声案内デジタルサイネージ"メイちゃん,
    読売新聞 25面, 2012-10.
  37. 中日新聞 (Aug. 04 2012)
    メイちゃんスマホで会話,
    中日新聞 朝刊 14面, 2012-08.
  38. 中部経済新聞 (Aug. 02 2012)
    3Dキャラ大学案内,
    中部経済新聞 5面, 2012-08.
  39. 文教ニュース (Jul. 16 2012)
    山中文部科学審議官によるメイちゃんの視察,
    文教ニュース 2197号, pp. 40, 2012-07.
  40. 朝日新聞 (Jun. 30 2012)
    < be report > 広がるデジタルサイネージ,
    朝日新聞 b4面, 2012-06.
  41. 中日新聞 (May 02 2012)
    故人の声でメッセージ,
    中日新聞 夕刊 1面, 2012-02.
  42. 印刷雑誌 (Sep. 16 2012)
    双方向音声案内デジタルサイネージ,
    印刷雑誌 10月号, 2012-09.
  43. 名古屋工業大学新聞 (Jun. 13 2011)
    世界初!双方向音声案内デジタルサイネージ,
    名古屋工業大学新聞, vol. 32, 2011-06.
  44. 中部財界 (Jun. 01 2011)
    喋る、怒る、笑顔になる 「生きている」電子看板登場!,
    中部財界, 第54巻, 第6号, pp.22-23, 2011-06.
  45. 東海Walker (May 10 2011)
    MMDAgent 世界初の3Dキャラクターと会話のできる看板,
    東海Walker, 23年5月24日号, 2011-05.
  46. 日刊工業新聞 (Apr. 22 2011)
    電子看板でキャラと会話,
    日刊工業新聞 第2部 12面, 2011-04.
  47. 総合報道 (Apr. 15 2011)
    総合報道 4面, 2012-04.
  48. 日刊工業新聞 (Apr. 08 2011)
    双方向の音声電子案内版,
    日刊工業新聞 19面, 2012-04.
  49. 中日新聞 (Apr. 07 2011)
    メイちゃん 名工大案内,
    中日新聞 朝刊 17面, 2011-04.
  50. 中部経済新聞 (Apr. 07 2011)
    対話型の電子看板開発,
    中部経済新聞 5面, 2011-04.
  51. 名古屋工業大学新聞 (Jan. 25 2011)
    徳田・李研の音声合成技術がNTTドコモに搭載,
    名古屋工業大学新聞, vol. 30, 2011-01.
  52. 名古屋工業大学新聞 (Dec. 06 2010)
    「MMDAgent」CEATEC JAPAN 2010にブース出展,
    名古屋工業大学新聞, vol. 29, 2010-12.
  53. 朝日新聞 (Nov. 10 2010)
    「呼べば答える」携帯 大学が一役,
    朝日新聞 34面, 2010-11.
  54. 名古屋工業大学新聞 (Jul. 06 2010)
    徳田・李研DTMマガジンに紹介,
    名古屋工業大学新聞, vol. 27, 2010-07.
  55. ごきそ (Nov. 11 2009)
    座談会 企業創業の経験から名工大・名古屋工業会の未来を考える,
    ごきそ, no.432 pp.12-23, 2009-11.
  56. 名古屋工業大学新聞 (Dec. 09 2008)
    徳田・李研 KDDI研究所と携帯電話用音声合成ソフトを共同開発,
    名古屋工業大学新聞, 2008-12.
  57. Scotland on Sunday (Sep. 28 2008)
    See the future from tower of Babel fish,
    Scotland on Sunday, 2008-09.
  58. 日経産業新聞 (Sep. 22 2008)
    携帯に好みの音声 KDDI研 低容量の音声合成ソフト,
    日経産業新聞 3面, 2008-09.
  59. 日刊工業新聞 (Sep. 22 2008)
    携帯電話端末対応 日本語音声を合成 KDDI研が新技術,
    日刊工業新聞 9面, 2008-09.
  60. 中日新聞 (May 02 2008)
    声質そのままスムーズ翻訳 名工大など 携帯機を共同研究,
    中日新聞 朝刊 1面, 2008-05.

Webニュース

  1. AV Watch (Aug. 18 2015)
    小林幸子の声がなぜボカロに? “こぶしプラグイン”の秘密をヤマハに聞く,
    AV Watch, 2015-08.
  2. ITmedia (Jul. 28 2015)
    小林幸子さんの歌唱力が移植された「VOCALOID Sachiko」の秘密とは?,
    ITmedia, 2015-07.
  3. The Japan News by Yomiuri Shimbun (Jul. 27 2015)
    Synthetic vocal technology: A voice for the speechless,
    The Japan News by Yomiuri Shimbun, 2015-07.
  4. NHK NEWS WEB (Jul. 15 2015)
    もう一度自分の声を 音声合成技術,
    NHK NEWS WEB, 2015-07.
  5. ITmedia (Apr. 23 2015)
    JOYSOUND、CeVIOに男性バラード「白咲 優大」、女性ポップ「黄咲 愛里」を追加,
    ITmedia, 2015-04.
  6. ITmedia (Mar. 20 2015)
    「調教いらず」CeVIOの新人歌手、熟女とおっさんを調教してみてわかったこと,
    ITmedia, 2015-03.
  7. ITmedia (Mar. 02 2015)
    「VOCALOID」「Sinsy」「UTAU」それぞれの特徴は? 歌声合成技術の各陣営が語る、その違いと魅力,
    ITmedia, 2015-03.
  8. ITmedia (Feb. 19 2015)
    もう、ささらだけではない??「調教いらず」のCeVIOに“新人”歌手がJOYSOUNDから おっさん・熟女の「演歌歌手」も,
    ITmedia, 2015-02.
  9. ITmedia (Nov. 17, 2014)
    リアルな歌・おしゃべりの音声合成ソフト「CeVIO」が“バラ売り”開始 そしてその現況,
    ITmedia, 2014-11.
  10. 電子マガジン「α-Synodos」 (Sep. 01 2014)
    自分の声を取り戻せ??「ボイスバンク」プロジェクト,
    電子マガジン「α-Synodos」, vol.155, 2014-09.
  11. ITmedia (Dec. 26 2013)
    俺、歌声になってみたから、歌わせてみない? 楽譜を入力すれば歌ってくれる「Sinsy」の中の人体験,
    ITmedia, 2013-12.
  12. ITmedia (Oct. 28 2013)
    バーチャルシンガーであなたのカラオケが上手くなる - JOYSOUND「ボーカルアシスト」が目指す未来,
    ITmedia, 2013-10.
  13. ITmedia (Sep. 25 2013)
    表現力がすごい歌声・おしゃべりソフトCeVIO Creative Studio製品版で、ささらさんを調教してみた,
    ITmedia, 2013-08.
  14. EconomicNews (May 02 2013)
    無償の音声合成・歌声合成ソフト「CeVIO Creative Studio FREE」公開,
    EconomicNews, 2013-05.
  15. ITmedia (Apr. 26 2013)
    音声合成・歌声合成の新星「CeVIO」、その謎が解けた!,
    ITmedia, 2013-04.
  16. ITmedia (Aug. 05 2011)
    マルチプラットフォーム対応に向け前進した「MMDAgent」,
    ITmedia, 2011-08.
  17. Field Promotion News (Apr. 09 2011)
    名工大で体験!世界初、3Dキャラとおしゃべりできるデジタルサイネージ,
    Field Promotion News, 2011-04.
  18. ITmedia (Apr. 07 2011)
    MMDAgentがさらに進化して大学受付嬢に—等身大3Dメイちゃんが名工大の正門でご案内,
    ITmedia, 2011-04.
  19. ITmedia (Dec. 25 2010)
    初音ミクのMMDモデルが、Kinectで作ったモーションで応えてくれる?MMDAgentのα版がついに公開,
    ITmedia, 2010-12.
  20. ガジェット通信 (Oct. 09 2010)
    誰でも簡単に"俺の嫁"と会話できる『MMDAgent』が切り開く新しい世界とは?,
    ガジェット通信, 2010-10.
  21. ASCII.jp (Oct. 08 2010)
    ネットの力、お借りしたい—初音ミクと話せる「MMDAgent」,
    ASCII.jp, 2010-10.
  22. ITmedia (Oct. 07 2010)
    初音ミクとも簡単に対話できる「MMDAgent」、その詳細を聞いてきた,
    ITmedia, 2010-10.
  23. 週アスPLUS (Oct. 06 2010)
    初音ミクと会話できる『MMDAgent』デモロングバージョンを動画で!—CEATEC JAPAN 2010—,
    週アスPLUS, 2010-10.
  24. CEATEC JAPAN (Oct. 06 2010)
    名古屋工業大学 音声合成キット「MMDAgent」でキャラクターとリアルタイムに会話,
    CEATEC JAPAN, 2010-10.
  25. 週アスPLUS (Oct. 05 2010)
    初音ミクと対話できる『MMDAgent』がスゴい!—CEATEC JAPAN 2010—,
    週アスPLUS, 2010-10.
  26. ギズモードジャパン (Sep. 28 2010)
    ついに!初音ミクさんと対話ができるようになったそうです,
    ギズモードジャパン, 2010-09.
  27. Podcast Journal (Sep. 24 2010)
    名古屋工業大学国際音声技術研究所がオープンソースで公開予定の「音声インタラクション構築ツールキット:MMDAgent」はMikuMikuDance(MMD)と高い互換性あり,
    Podcast Journal, 2010-09.
  28. ITmedia (Sep. 22 2010)
    初音ミク、エージェントになる?名工大「MMDAgent」がもたらす未来,
    ITmedia, 2011-09.
  29. SOURCE POD (Sep. 24 2008)
    KDDI研究所、ダウンロード可能な携帯電話用音声合成ソフトウェアを開発,
    SOURCE POD, 2008-09.
  30. ITmedia (Sep. 22 2008)
    好みの声で携帯メール読み上げ KDDI研と名工大、携帯にダウンロードできる音声合成ソフト試作,
    ITmedia, 2008-09.
  31. RBBTODAY (Sep. 22 2008)
    KDDI研究所、携帯電話で動作するなめらかで自然性が高い日本語音声ソフトウェアを試作,
    RBBTODAY, 2008-09.
  32. JAGAT (Sep. 22 2008)
    KDDI研究所:ダウンロード可能なケータイ用音声合成ソフト開発,
    JAGAT, 2008-09.
  33. Do!ケータイWatch (Sep. 22 2008)
    KDDI研究所、携帯電話で動作する日本語音声合成技術を開発〜ダウンロードで複数の声質可能,
    Do!ケータイWatch, 2008-09.
  34. ケータイWatch (Sep. 19 2008)
    KDDI研と名工大、携帯対応の省メモリ音声合成ソフト開発,
    ケータイWatch, 2008-09.
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS